木育mokuiku

「木育」は2004年に北海道で生まれた言葉で、2006年には「森林・林業基本法」の中で閣議決定されました。
木育は、私たちの現代の生活から遠ざかった木を再び生活の中に取り入れ、森林と人を再びつなぐことを目標にしています。 木を使うことと環境を守ることがつながっているということを伝え、木の文化を次世代へと継承していきます。
我々はこの理念に賛同し、木を原点として発展してきた歴史をもつ企業として、2017年8月に「ウッドスタート宣言」を致しました。

芸術と遊び創造協会では、木育を「木が好きな人を育てる活動」と考え、
その目的を以下のようにまとめています。

  • 環境を守る木育
  • 木の文化を伝える木育
  • 暮らしに木を取り入れる木育
  • 経済を活性化させる木育
  • 子どもの心を豊かにする木育

木育は、単に木が好きになって、木を暮らしの中に取り入れればいいというものではありません。 その木材が、森林や環境をきちんと大切にしながら伐られているのかといったところにまで思いを馳せ、木を使うことと環境を守ることがつながっていることをしっかりと理解する必要があります。
(認定NPO法人 芸術と遊び創造協会「木育ラボ(http://mokuikulabo.info/)より抜粋。」)

ウッドスタート宣言とは

ウッドスタート宣言は、東京おもちゃ美術館(東京都四ツ谷)を運営する認定NPO法人「芸術と遊び創造協会(旧:日本グッド・トイ委員会)」が展開している木育の具体的な行動プランの一つです。

この活動では、木を子育てや住宅などの子育て環境に取り入れ、木の温もりを感じながら楽しく素敵な暮らしを送ることができるようにしていくことを目指します。

子供をはじめ、ママ・パパ・おじいちゃん・おばあちゃん…全ての人に木の温もりを知ってもらい、ファンになってほしいという思いがあります。

ひらいグループでは、社内と社外に対して木の文化を発信することで木育に取り組んでいきます。

社員に赤ちゃんが生まれた際には、そのお祝いとして千葉県山武市の山武杉を使った積み木をプレゼントしています。

木のおもちゃは自然素材なので人体にやさしく、香り・触り心地・味わいなど程よく五感を刺激できるので、感性豊かな乳幼児期に最適です。

すべてのお客様には、木にこだわった設計・デザインの木造住宅やリノベーション、それに合わせた家具によって木に親しみ、温もりを感じられる暮らしを実現します。

さらに、幼稚園などの教育施設やその他の公共施設などを木質化・木造化し、木にこだわった中大規模建築にも挑戦します。


材木商を原点にもつひらいは、住まいと暮らしの総合企業としての視点から「木から始まる素敵な暮らし」を提案していきます。